トップページ > 一重を魅せるアイメイク >  アイメイクをアートメイクで

スポンサードリンク

アイメイクをアートメイクで

アイプチに限界を感じたらアイメイクでカバー。エキゾチックなアーモンドアイをつくるメイクの方法など

━━━━━━━…‥・やっぱり二重じゃないと可愛くない!!・‥…━━━━━━━━
一重瞼にさようなら♪あなたもパッチリ二重に慣れるチャンス!!
「どうしても二重にしたい!」
「整形手術は怖いし、お金もかかるからなるべく自然に二重にしたい!」
「アイプチをずっとしているけど一重のまま変らない」etc....

小さくて細い目に悩むあなたにぴったりの自力で二重まぶたを作る方法です。
【デカ目!】たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!【アイプチなし、整形なしで目が大きくなる】
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

アイメイクとアートメイク

アイメイク、とくにアイラインは毎日ラインを引く手間が面倒くさい、洗顔したあとの
スッピンでも安心ということもあり、一重まぶたも二重まぶたも関係なくアートメイクを
行う人が増えています。


アートメイクは刺青のようなもので、皮膚に直接色をいれるメイクです。アイラインの
ほかにも眉毛の薄い人などがアートメイクを入れることが多いです。

アイメイクにアートメイクを取り入れるメリット

目元のメイクは難しく、うまくできたとしても毎日それを続けられるかわかりません。
またアイラインが滲んでうまくいかないということもあるでしょう。


アイラインにアートメイクをすることで、目元や顔全体が引き締まり、また目を大きく
見せることもできますが、何より毎日のアイメイクが格段にやりやすく時間が短縮
できるのがポイントとなるでしょう。

アイメイクにアートメイクを取り入れるデメメリット

アートメイクは直接、皮膚に色を入れていくため痛みを伴います。特にアイラインを描く
目の淵は皮膚も薄くかなり痛みがあり、アートメイクをしてすぐは目が腫れることもあります。


また、アートメイクは1度色を入れると2〜5年ほどは色が落ちないので、毎日異なる
アイメイクを楽しみたいという人には向かないといえるでしょう。

アートメイクを一重まぶたに活かすには?

アートメイクを洗っても落ちないメイクと考えると、一重まぶたの人の場合、黒目を強調
するメイクや腫れぼったいまぶたをシャープにみせる為のアイラインをアートメイクで薄く
引いてもらうことができます。


メイクした顔とスッピンにあまりに違いがあって、それが、また悩みの種という場合は
アートメイクを考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク